HOME ::

 

 

 

 

 

 

 

 
 

麻疹(はしか)ワクチンの問題点

Q1.麻疹ワクチンを接種したのに麻疹にかかることがありますか?

A.麻疹ワクチンを接種した子供の95〜98%が、接種後麻疹の抗体(いわゆる抵抗力)を獲得します。10年以上経っても90〜95%近く抵抗力が維持されています。しかし、この報告はあくまでも麻疹がかなり流行している地域でのデータであり、この後のデータが示しますように最近はそのように安心している訳にはいかなくなってきてます。以下のような場合はワクチンをしているのに麻疹にかかることがあります。

 

1. 麻疹ワクチン接種直後に病気になった場合


麻疹ワクチン接種当日あるいは翌日に、ワクチンによる発熱ではなく「かぜ」による高熱をだしたとき、インターフェロンなどのウイルスの増殖を抑える物質が血液中に出るためワクチンウイルスの増殖がさまたげられます。このような場合にはワクチンによる抵抗力が充分つかず、麻疹が流行した時にはかかってしまうことがあります。ワクチン接種直後に発熱された方は、接種後1ヵ月以上経過してから抗体検査を受けられることを勧めます。


 
2. 麻疹ワクチン接種後長い年月はしかの流行がない場合


以前には麻疹、おたふくかぜ、風疹等のウイルス感染症は1度かかると2度はかからない(終生免疫)と考えられ、生ワクチン接種の場合も同様に免疫は終生続くと考えられていました。しかし、感染を防ぐだけの抗体が維持されるのは、麻疹がときどき流行して、麻疹のウイルスと接触しているためです。本物の麻疹ウイルスに接触しないと当然免疫はどんどん低下していきます。

流行のないグリーンランドの孤島で実施されたワクチン接種後の追跡調査によりますと、5年後には麻疹HI抗体陽性者(抵抗力のある人)は95%でありましたが、16年後には43%にまで減少していたとの報告があります。このように、近年麻疹の流行が減少して本物の麻疹ウイルスに接触する機会が少くなってきましたので、麻疹ワクチン接種による免疫が低下して、麻疹の予防接種を受けたのに麻疹に罹ってしまう例が増えています。

 

沼津市のデータ(重要):平成16年春の学童生活習慣病検診にて、学童に麻疹に対する抵抗力があるかどうかを調査しましたところ、小さい時に麻疹ワクチンをしているのにもかかわらず、かなりの生徒さん(40%位)に麻疹の免疫がないことが分りました。もしこの地域の小中学校で麻疹がでた場合、集団感染となりうるという、かなり危機的状況にあります。

 

生活習慣病検診にて「麻疹の免疫がない」「麻疹抗体価が×8未満」
という通知をもらった方は、早急に2回目の接種を受けましょう。

 

通常、麻疹はワクチンの接種によって予防できる病気です。現在、日本では定期接種で1回だけ行われていますが、WHOではすべての小児への2回接種を勧奨しています。実際、アメリカの他、いくつかの国では2回接種されておりそれなりの効果を発揮しています。
当院では開院当初より1歳で麻疹を接種した方全てに、「学童期に2回目の接種をしましょう」と呼び掛けてきました。本来、公費で麻疹ワクチン追加接種を行って欲しいと思ってきました。

トピックス(朗報)

その1

平成18年度から麻疹ワクチンは2回接種が公費で可能になりました。厚労省は平成18年4月から麻疹風疹のワクチン接種を2回にすることを決定しました。新2種混合ワクチン(MRワクチン)が使用され、麻疹と風疹の混合ワクチンとなります。


具体的には:生後12ヶ月から24ヶ月の間に出来るだけ早く1回目(1才過ぎたらすぐ接種しましょう)
2回目小学1年生になる1年前から就学するまでの年長さんの間にもう1回追加接種します。
詳細はこちら

 

その2

平成19年の全国で発生した麻疹流行への対策として、厚生労働省は平成20年4月より、中学1年生および高校3年生に毎年公費で麻疹ワクチンの接種を行うことを決定しました。

(注意)公費接種まで何年も待つ学年のお子さん(例えば平成20年度の中学2年生など)は3年も4年も待つよりは自費でもいいから早めに2回目のMRワクチンを接種するという考え方もあります(院長はそちらを支持します)。

自己防衛として2回目の接種を自費でもいいから早めに行うことをお勧めします。平成19年の全国での麻疹の流行時にはワクチンが欠乏しました。同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

 


追加資料:年長児から成人における麻疹患者増加の背景


1)定期接種として幼児期に麻しんワクチンの接種を受けたにもかかわらず、その後麻疹ウイルスに接触することがなくに経過したため、麻疹ウイルス抗体価・免疫力が低下した状態で麻疹にかかりやすくなってしまった生徒が増えた(ワクチンしてから10年位たつと効果が薄れるといわれています)・・・これが最も重要な原因と考えられています。


2)まわりが麻しんワクチンをしっかりうけてくれたおかげで麻疹の流行がなくなり、ワクチン未接種にもかかわらず麻疹ウイルスにかからないで年長になってしまった生徒の存在


3)幼児期の1回目の麻疹ワクチン接種でうまく免疫がつかなかった(まれ)。


4)それらの混在       

などが原因として考えられてます。