ポリオの不活化ワクチンには、単独のワクチンと、DPT(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)と混合した4種混合ワクチンの2種類があります。単独のワクチンは4月中に承認され、9月に導入されした。一方、4種混合ワクチンは、11月に導入される見通しとなっています。

 

予防接種法の改正に伴い、9月1日から「生ポリオワクチン(シロップ)」から「不活化ポリオワクチン(注射)」へ一斉に切り替わり、集団接種から個別接種となりました。

対象:生後3ヶ月以上90ヶ月未満(7歳6ヶ月になる前日)の方

 

(注意) 2012(平成24)年8月以降に生まれるお子様に対しては、3種混合ワクチンの予防接種ではなく、ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチン(DPT−IPV)の4種混合ワクチンの定期接種を予定しております。

接種方法:皮下接種(皮下への注射)

      初回3回、追加1回の計4回の接種

注意(不活化ワクチンの4回目の接種について):4回目の接種については、まだ定期接種の対象外であり、公費で受けることができません(国からの通知待ちです)。

 

改定に伴う接種回数: 平成24年8月31日までに、

 生ポリオワクチンを

不活化ポリオワクチンの接種回数
1回も接種していない
4回
1回接種した 
3回
2回接種した 
0回(必要なし)

 

不活化ポリオワクチン(注射)を自費で接種されている方も、未接種分を公費負担として接種することができます。

 

詳細は、地域の広報を参照してください。

 

お願い

9月1日から接種が開始した直後は、予防接種の予約が取りにくい時期がある程度続く可能性があります。ご了承ください。

 

参考:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/index.html

 

 

 

予防接種へ

ホームへ